イソフラボンの様々な効能

メタボを防ぐ大豆イソフラボンの効果

「最近お腹まわりが気になる」、「メタボだと診断されてしまった」、このような方は、メタボリックシンドロームに予防効果のある、大豆イソフラボンを積極的に取り入れるようにしましょう。なぜなら、大豆イソフラボンには、体脂肪率やコレステロール値を減らすことができるからです。

年齢を重ねるたびに、お腹に脂肪がついてきたなと感じる女性は多くいらっしゃいます。それは、年齢と伴に女性ホルモンの1つであるエストロゲンが減少するためです。エストロゲンは、脂肪を燃やす効果と、満腹中枢に働きかける効果があります。エストロゲンがしっかりと出ていると、食べた脂肪をエネルギーに変えてくれます。また、満腹なので食べるのをやめるようにと脳に命令を出してくれます。ただ、加齢によってエストロゲンの分泌が減少し、脂肪が体に蓄積されたり食べ過ぎを起こしたりしてしまうのです。

また、年をとるとプロゲステロンという女性ホルモンが増加します。このプロゲステロンは、摂取した水分を体の内側に溜め込んでしまい、腸の動きを鈍くさせてしまいます。それによって、便秘になり脂肪が体内に蓄積されます。

では、大豆イソフラボンを摂ることでなぜメタボ予防になるのでしょうか?それは大豆イソフラボンは、加齢と伴に減少する女性ホルモンに構造が似ているからです。大豆イソフラボンは、体に蓄積された脂肪を燃やす効果があります。生理前に大豆イソフラボンを摂取することが効果的です。

↑ PAGE TOP