イソフラボンの様々な効能

イソフラボンの過剰摂取は怖い?

日本人は世界的にみて、大豆の摂取量が多い国といえます。豆腐、納豆、お醤油など、大豆製品は、日本人にとってはとても身近なものですね。その大豆の中に含まれているイソフラボンという成分が、健康維持のために効果的であるとの研究は、欧米をはじめ各地でさかんになりつつあります。

さてこのイソフラボンですが、骨が溶けるのを防ぐ働きをするので、骨粗鬆症を予防したり、血液中のコレステロールのバランスを整えることによって動脈硬化を予防する効果があります。また女性ホルモンの分泌を抑制しますので、乳がんや子宮がん等のいわゆるホルモンの活動が原因で発症するがんを予防する効果があります。

このような素晴らしい効果を発揮するのは、イソフラボンが女性ホルモンと非常に似た性質を持つからなのですが、そのために摂取には注意が必要といえます。イソフラボンを過剰に摂取してしまうと、ホルモンのバランスを崩してしまうことになりかねず、ホルモンのバランスが崩れると、月経異常や、婦人病を起こしてしまうことがあります。

普段のお食事で摂取するイソフラボンについては、さほど気にする必要はないといえますが、サプリメント等で摂取する場合は、記載されている一日の摂取量を守ることと、摂取を避けるべき時期を把握しておくことが大切です。妊娠時や生理中などは、エストロゲンの活動が活発な時期にあたりますので摂取は避けるべきでしょう。大豆製品が不足がちだなと感じる日のみ、サプリメント等で補うのがベストです。

↑ PAGE TOP