イソフラボンの様々な効能

日本の家庭料理でおなじみの

妊活中に、「イソフラボンの過剰摂取に注意」という記事に遭遇し、ドキリとした経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。過剰に摂取するとホルモンバランスが崩れ、月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などのリスクが高まり、卵巣や精巣に有害となるケースとの報告があります。

ただ、イソフラボンは骨粗しょう症の予防や高血圧・コレステロールの抑制、循環器疾患などの更年期障害の不調を改善軽減されると言われています。エストロゲンの減少がもたらす骨粗しょう症は女性にとって顕著な問題です。

女性とは対照的に、イソフラボンの男性への効果は血管内の血流を良くするので脱毛改善、発毛効果があり、前立腺ガンの予防、骨成分の成長効果も期待されています。薄毛や濃い胸毛が少なくなったり、筋肉がつきにくくなったり、汗による体臭が抑制させたりします。

最近では大豆イソフラボンの一種である「エクオール」という成分が、肩や首のコリ、頭痛、倦怠感が緩和されるという報告もあります。簡単に説明すると腸内環境を整えてくれる乳酸菌とイソフラボンが合体しさせた成分です。エクオールは体質によって自分の体内でつくる出せる人と作りだせない人に分かれます。エクオールは近年、スーパーイソフラボンとしてサプリ等の開発が進み期待されています。忙しい方には、これらの複合的な効果も生み出してくれそうなイソフラボンサプリを、用量を正しく守って賢く利用するとよいでしょう。

↑ PAGE TOP